Tinh Vo Dao - Vo Co Truyen - Tai Chi - Centre Thiêu Lâm

ダビッド・バッセ 経歴




ダビッド・バッセ 経歴
すでに地方では知られている Centre Thiêu Lâm (Thiêu Lâmセンター)は豊富かつ多用な授業と研修を提供できる類まれなアソシエーションの一つである。
 
そのテクニックの責任者で、すぐれた個性と経歴の持ち主であるダビッド・バッセはFF空手連盟の黒帯三段である。
 
 
 
彼は、12歳のときに日本武道を始める。
 
 
 
1993年、ベトナム武道(sino-vietnamiens)に出会い、その武道に夢中になり、
 
師範Nguyen Dan Phuの息子で、Thanh Long学校の創始者、Serge Nguyen Dan Binh師範に武道を学ぶ。師範はヨーロッパで、ベトナム武道の長老として知られている。
 
その学校では、少林寺僧の呼吸テクニックの創始者であるインド人師範、Bodhidharmaの72の動きの要素を教えている。
 
 
 
3年後、ダビッドは黒帯を獲得し、1996年、Dong Hai Thanh Long学校より高位の緑帯を授与される。
 
続いて、武道に全力を注ぎ、結果として1998年FFJDAのもと行われたミディピレネー地方の代表的な試合のフランス戦で準優勝、技術部門で金賞を得、Dong Hai Thanh Long学校で、2段を獲得する。
 
 
 
1998年には、ピブラックにおいてはじめて、武道sino-vietnamiensの子供のための大会を開催する。 ;100人以上の人々が参加し、子供達に声援を送った。
 
 
 
1999年から、ダビッド・バッセは多様性に富んだ道を歩み始める。 ;少林寺の僧によるカンフー、柔術、フランスボクシング、イギリスボクシング、アメリカボクシングの実践など、彼はそれぞれのスタイルの豊かさを使いながら、それらを武道sino-vietnamienに適応させていき、同時に、それぞれの年齢とレベルにあったプログラムを教えることにも成功した。
 
 
 
同時期、彼は、Thanh Long学校で学んだことを続けるため、師範ガストン・トラン
 
ジャック、フランソワ・ブラッスカスによってつくられた « L’Union Française de
 
Vo »  (Voフランス連合)に合流する。
 
 
 
2001年には、武道文化センター « Thieu Lam »を創設する;実演と競争の団体形態。
 
また、L’Union Française de Vo (Voフランス連合)によって開催され、ベトナムの偉大な
 
師範の一人(Tinh Vo Dao学校の創設者、ベトナム連合の6段保持者 ホー・ホア・フエ師
 
範)が招かれた大結集大会にも参加する。
 
 
 
2002年から2003年、Ba Gua Zhangの実践や八角形ボクシングで有名なWong
 
Tun Ken師範とともに訓練する。
 
 
 
2005年には、2つの大きな計画を実行する。 : 1つ目は、ベトナムに行き、ホ
 
ー・ホア・フエ師範に再会。彼はは、ホー・ホア・フエ師範に彼女のスタイルをフラン
 
スにおいて代表することを提案され、承諾する。
 
2つ目はLionel Froidure(DVD L’éveil du Dragon chez Imagin’arts)の協力を得
 
て、子供に合わせた武道 « sino-vietnamiens »の教育プログラムを完全に実現する。
 
 
 
2005年以来、ダビッドはホー・ホア・フエ師範の弟子となり、毎年ベトナムへ行
 
って師範のもとで訓練を積む。2011年には、フランスにおけるホー・ホア・フエ師
 
範のティンヴォーダオの責任者として任命される。
 
 
 
また、Hu Long Shen協会を持つ、シャルル・ヘンリ・ベルモントや、現在最も優れた
 
師範の一人であるYuan Li Min師範 (Wudang Pai の15代後継者)とともにWudang
 
ボクシング(Tai Ji quan, Qi Gong)の訓練・研究を重ねる。






Annuaire - Clubs Sportifs en France - Sport